HIVセルフチェック

概要

新たなAIDS患者報告で、異性間性的接触は37%。同性愛者の病気ではなくなりつつあります。また輸血や手術をされたことでの感染もございます。30代や40代、60歳以上でも増加傾向にあります。HIVに感染しても、感染しているかどうかは血液検査をしてみなければわかりません。感染の可能性がある日から3カ月以上経過すると、検査で確認できるようになります。HIV感染は早期に治療を開始すれば、発病を食い止めることが可能になりつつあります。

もしもこのチェックで「陽性」判定の方には、専門の医療相談サービスも準備されております。プライバシーの保護は万全です。


管理医療機器承認番号:22600BZX00362000

※上記承認番号を取得した株式会社リージャー(東京都中央区日本橋人形町2-33-8)が、検査を行ない責任を持って結果報告を行ないます。

HIV抗体の陽性・陰性のチェックに

HIV抗体の陽性・陰性のチェックにHIV抗体の陽性・陰性のチェックに

内容

【キット一式(トレイ)】
◆採血用器具
・ランセット2つ(指先にほんの少しキズをつけるもの:予備1つ)
・吸引器(血液を吸い取るもの)
・シリンダー(血液を分離させるもの)
・密閉キャップ(分離血液を密閉させるもの)
◆血液分離用器具
・ボトル(溶液入り:アルミ袋に入っています))
 ボトルを立てる穴がトレイについてます。
◆バンソウコウ
◆消毒布

【その他】
・返送用封筒

※検査キットの代金には、検査費用も含まれております。その他の費用が
 かかることはありません。
※送料についても無料(代金に含まれております)。
販売価格 5,940円(税込)
型番 JAN4560154850402

全カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ